桑の葉の効果-二日酔い対策

桑の葉で二日酔い対策ができる?

桑葉にアルコール吸収抑制効果 ヒト臨床試験で確認

桑の葉で二日酔い対策

2003年10月8日の健康産業新聞に掲載された記事によると、、桑葉にはアルコールの吸収を抑える働きがある事が確認されました。これまで桑の葉に含まれるフラボノイドなどが一定の二日酔い対策などによいといわれていましたが、 アルコールの吸収を抑制する実験成果が発表さてました。 実験では、健常者8人を対象に桑葉を摂取した場合と しなかった場合を比較した実験が行われました。 空腹時に採血後、負荷食であるうどんとウイスキーを摂取し、30分おきに採血して、血糖値と血中アルコール濃度を測定しました。次に空腹時に採血後、桑葉を摂取してから負荷食を摂取、採血しました。 その結果、桑葉を摂取した場合は摂取しなかった場合と比べて、血糖値とともに血中アルコール濃度も抑制効果が認められたそうです。

桑の葉の豊富なポリフェノールが二日酔いに

二日酔い予防の効能があるフラボノイドは、ポリフェノールの一種で肝機能を高める効能が期待できます。さらに、桑の葉にはカリウムをはじめとする豊富な栄養素が含まれていて、体全体の調子を整えるので、胃のもたれや二日酔いのむかつきを予防します。
何故二日酔いになるのか

桑の葉で二日酔い対策

二日酔いの原因物質はアセドアルデヒドではないかといわれております。通常、お酒などを飲んで、体内に入ったアルコールは胃や腸から吸収され、肝臓でセドアルデヒドという物質に分解されます。アセドアルデヒドは、さらに酢酸に分解され、最終的には炭酸ガスと水にまで分解されます。 肝臓でアルコールをきちんと処理できないと、血液にアルコールやアセドアルデヒドが残ったまま体内を循環し、二日酔いの症状を起こします。

桑の葉の効果-二日酔い予防関連ページ

糖尿病予防
メタボ対策
便秘対策