桑葉の効果と特徴は血糖値だけじゃない

桑の葉が最近、注目されるのは何故?

桑の葉がテレビやネットで話題になっているのはどうしてでしょう?ここでは桑の葉のチカラを徹底解剖します。

血糖値や血圧対策に?生活習慣病の悩みに?

桑の葉

経済成長以降、日本人は豊かさを手に入れました。それに伴い、食生活も欧米化しました。野菜を中心とした食生活から肉などの動物性のタンパク質を多く摂取する生活へ変化しました。こうした豊かな生活を手に入れた反面、生活習慣によって引き起こされる疾病が増え、多くの人が、高血圧、高脂血栓、糖尿病など、生活習慣病のリスクをかかえることになりました。特に働き盛りの中高年男性は、外食による栄養の偏り、運動不足、ストレス等、高血糖、高血圧、高コレステロールで悩む人が多いようです。桑の葉が注目されるようになったのは、そんな生活習慣病を予防する働きが明らかになったからだといわれています。

テレビのダイエット番組がきっかけ

桑の葉ダイエット

桑が健康に良い事は、東洋医学の世界では古くから知られていました。漢方では、桑は、葉も根も茎もそれぞれ、桑葉(そうよう)、桑枝(そうし)、桑根(そうこん)として使用されています。日本でもご年配の方は、子供のころに「桑の実」を食べたという方もいます。栄養豊富な桑は蚕の餌としても利用されてきましたが、経済成長で養蚕業が衰退し、桑は忘れられていました。しかし、テレビのダイエット番組で桑の葉がダイエットに効果がある!と取り上げられ話題になりました。

桑の葉はこんな事に注目されています。

 

桑の葉が注目されている一番の理由は、桑の葉が持つ特有成分「DNJが持つ、糖分の吸収を抑えることにあります。