桑葉の産地

桑の産地

桑の産地は日本だけじゃなく中国・・ブラジルも

桑の葉特有成分であるDNJは糖質の吸収を抑える事で、血糖値や糖尿が気になる方、健康的なダイエットを目指す方に人気に。

青汁やお茶として急激に人気上昇中です。
桑は近年まで蚕の餌としても利用されていましたが、養蚕業の産地では、古くから健康に良い植物として食用されてきました。
最近は養蚕業が衰退したが、古くから南東北、北関東、甲信地方、南九州などが養蚕業ともに、桑の産地として知られる。京都府綾部市は蚕都と、東京都八王子市は桑都と呼ばれた時代もある。
最近ではDNJの発見と共に、新産業として桑を活用する地域もあり、沖縄県の浦添市でも桑の生産がおこなわれている。

 

海外でも中国、インド、ブラジルなどで盛んに行われていて、生産量が最も多い、中国では、浙江省、江蘇省、山東省などで桑が生産されている。

青汁に使われている桑の産地は?

桑の葉を手軽に摂取する方法として、くわ青汁や桑茶があります。市販されている桑の青汁やお茶の産地はどこでしょうか?海外産に桑もあるようですが、人気の商品は、やはり国産です。
インターネットで購入する際や店頭で購入する際に、「国産」と書いていない場合は海外産が多いようです。桑の青汁や桑茶の原料を供給する会社を調査してデータでは、11社中7社が中国産やブラジル産を供給していました。価格的に海外産が安いので低価格な商品を製造する上では仕方のないことかも知れません。

国産の桑の葉青汁(桑の葉茶)

産地には個々の考え方がありますが国産の桑の葉が良いという方に、オススメするのが、南九州(熊本県・大分県)の桑と島根県の桑です。桑の農場管理や大学などとの共同研究などデータと安全性がしっかりしています。もちろんその他の地域の桑も良いものだと思いますが、私の個人的な見解ですのでご容赦ください。
海外産も安全管理、品質管理がしっかりしているものが良いですが、日本と比較して厳格な基準があるのかわかりませんので、基本的に国産がオススメです。

国産100%桑の葉青汁(桑の葉茶)

男性専用の青汁「大人の青汁」公式

男性の健康の悩みを解決する事を目的に、製薬会社と男性サプリ専門店がタイアップして開発した桑の葉の青汁です。不規則な生活で不足しがちな栄養素を補う為に、ケールを超える栄養バランスを誇る「桑の葉」がベースとなっています。
桑の葉が持つ特有成分DNJが、EDや生活習慣病の原因ともいわれる「糖質の吸収」を穏やかにし、男性の活力メカニズムNO(一酸化窒素)を生成する事で話題のL-シトルリンを600mg亜鉛酵母50mgを配合し、「男性の健康的で快活な生活」をサポートする事も注目です。
「大人の青汁」は40代以上男性の多くが抱えている「活力」「糖質」「バイタリティ」に対応する成分を贅沢に配合しているだけでなく、毎日口にするものだから、主成分である桑の葉、シトルリン、亜鉛ともに100%国産のみを厳選して使用、医薬品を製造す るGMP認定の国内の製薬会社で製造する等、品質にも拘った品質重視の大人の青汁です!
健康のために続ける青汁は飲みやすくないと続けられません!桑の葉と相性の良い国産の宇治抹茶を配合し、アイスでもホットでも飲みやすく美味しい青汁に仕上がっています。

商品名 大人の青汁 桑抹茶シトルリン
成分・配合量 桑の葉1800r、L-シトルリン600r、亜鉛酵母50r、宇治抹茶300r、澱粉250r
内容量・価格 1箱 3g×60包(約2か月分) 通販価格9,450円

男の青汁「大人の青汁」購入