血糖値対策

食生活の改善で血糖値を下げる工夫を

血糖値の高い方はミネラル不足に注意

健康診断で血糖値が高く、食事に気をつけるように医師から言われた方は、実際にどんな食品を選んだら良いのでしょうか?血糖値が高い人に共通しているのが、ご飯や麺類など糖質の高い炭水化物の過剰摂取と野菜不足です。野菜に多く含まれるミネラルはマンガン、クロム、リン、カリウム、亜鉛などインスリンの糖代謝作用を助けます。ご飯や麺類など炭水化物を控え、野菜(ミネラル)が不足しないように積極的に摂取することで、血糖値を下げるよう働き、糖尿病の症状を改善する一つのサポートとなることが期待できます。

血糖値の高い方は成分表示を見ましょう

外食やコンビニで注意する事

血糖値の高い方は糖質表示を見ましょう

自宅で料理をしないで、外食やコンビニ売られている食品を買う場合には栄養成分表示を必ずチェックしましょう!

成分表には、エネルギー量、炭水化物、脂質、タンパク質の量などが表示されています。
食品の栄養成分表では、炭水化物で表示するか、糖質で表示するかは統一されていない物も多いのですが、糖質量が記載されていない場合には、炭水化物の量を見て糖質量を確認しましょう。
概ねの目安としては糖質=炭水化物ー食物繊維で計算しましょう。に栄養成分表をチェックする習慣が血糖値を下げる食生活の第一歩かもしれません。

調味料にも注意しましょう

ケチャップなどの糖質が血糖値を上げる

糖質の控えめな食材で料理を食べる際に注意する事があります。実は調味料には糖質を多く含むものがあります。下記に紹介する血糖値を下げる効果がある食品・食材を食べても、たっぷりの糖質を含んだ調味料で台無しなんて事もあります。

特に、ドレッシング、ケチャップ、ウスターソース、本みりん、カレー等はかなり糖質の高い調味料です。塩、マヨネーズ、キムチ、明太子、ゆずこしょう等がオススメです。ただし塩分の摂り過ぎにも気をつけましょう。

桑の葉.netもオススメの血糖値を下げる食品

玉ねぎ

玉ねぎに含まれるイオウ化合成分のイソアリンが血糖値を下げる効果があるといわれています。1日50g(1/4程度)を食べたりしましょう。水にさらすと成分が溶け出すのでオニオンスライスはお勧めできません。味噌汁やスープなどがオススメです。また、玉ねぎは血管が詰まるのを防ぐ作用や、老化抑止などの効果もあるといわれています。色んな野菜に調理しやすいので、他の野菜と組み合わせて食べてやすいです。

モロヘイヤ

モロヘイヤに含まれるルチンという水溶性の食物繊維も効果がある食品です。モロヘイヤは茎の方が効果が高いといわれています。

こんにゃく

カロリーゼロで食物繊維が豊富なコンニャクjは、ダイエットで人気になりました。その秘密はグルコマンナンという水溶性の食物繊維でブドウ糖の吸収を抑える効果があります。水分を含むと膨張する性質があり、満腹感を得やすいので食べ過ぎを防ぐ効果もあります。

きのこ

きのこには抗酸化作用やコレステロールを低下させる、血圧を下げるほか、キノコの食物繊維が糖質の吸収を抑える働きがあります。

酢の特有成分「核酸」は胃の働きを助け消化吸収を高めます。さらに核酸は体内でクエン酸に変化し、ブドウ糖の残りかすを代謝します。

シークワーサー

シークヮーサーは沖縄原産の野生ミカンで、ノビレチンという成分に、血糖値や血圧を下げる効果があるとされます。以前は沖縄以外の地域ではなかなか手に入りませんでしたいが、最近ではスーパーでもシークワーサージュースなどを販売している所も多くなったので試してみてはいかがでしょう。

桑の葉をお茶や青汁として日常生活に取り入れる事、食材選びの工夫など、血糖値を下げる習慣を意識的に続けることが健康な体を維持する秘訣です。その他、ツボ押し健康法、健康食品など様々な方法がありますが、誰にでも効果的な方法というのはありません。個々の状況によって異なりますので、特に、健康診断などで治療が必要な場合など医師にきちんと相談しましょう。

糖質を抑える特有成分DNJを手軽に毎日簡単に摂れる青汁

血糖値が気になる